今すぐ実践可能!ワキ毛をカミソリで自己処理する時の注意点

身体のあちこちに生えるムダ毛ですが、女性が最も気になるのは、やはりワキのムダ毛ではないでしょうか。
最近では、低価格の脱毛サロンの他、家庭用脱毛器や脱毛テープなど、様々なムダ毛処理グッズがありますが、自分で処理する上で一番手軽な方法と言えばカミソリで剃ってしまうことでしょう。

しかし、カミソリは毛を剃っているだけのように見えて、実は皮膚表面の角質も削ってしまい、肌トラブルの原因になりやすい方法です。
ぜひ今日から実践したい、トラブルなくカミソリでワキ毛を処理する方法についてまとめました。

■シェービングクリームを使用しましょう

お風呂で身体を洗うついでにムダ毛の処理をしている人も多いかと思いますが、面倒だからといって、シェービングクリームの代わりにボディソープや石鹸を使っていませんか。
一見良さそうに思えるかもしれませんが、ボディソープや石鹸の泡は流れやすく、剃り終える前になくなってしまいます。
そうなると、肌に何もつけずに剃っていることになり、特に皮膚の薄いワキ表面の肌は傷つきやすくなります。
カミソリでムダ毛を処理する際は、専用のシェービングクリームやワセリンなど、カミソリのすべりがよく肌に優しいものを使いましょう。

■よく切れるカミソリを使いましょう

カミソリでムダ毛を処理するにあたって、肌のケアも大切ですが、実はカミソリのケアも重要なポイントです。
カミソリは一度使っただけで、毛や角質などの汚れがつくので、使用後は流水で洗って乾燥させ、清潔に保ちましょう。
お風呂場に置きっぱなしだと、雑菌が繁殖したり、さびて切れ味が落ちてしまいます。

特にワキ毛は他の体毛に比べて、太く濃い毛が生えているので、切れ味のよいカミソリを使いましょう。
切れ味が落ちていると、何度もカミソリの刃を動かさなければならず、角質が必要以上に剥がれて、肌がヒリヒリするといった肌荒れの原因となってしまいます。

■肌にカミソリを押し当てすぎない

より深く剃りたいからといって、力を入れてカミソリの刃を肌に押し当てるようにして剃ると、毛穴の表面を傷つけてしまいます。
ムダ毛処理をする上で特に注意したいのが、毛穴を傷つけないことです。
傷ついた毛穴がゆ着して、毛が表面に出て来られなくなると、埋没毛になってしまいますし、毛穴の傷がかさぶたのようになって茶色くブツブツになると見た目もよくありません。

ワキ毛は生えている方向が不揃いですが、よく切れるカミソリであれば、肌表面をなめらかに滑らせるだけで、きれいに剃れるはずです。
このためにも、普段からカミソリを手入れして、切れなくなったらこまめに取り替えましょう。

■まとめ

痛みもなく短時間で手軽にムダ毛処理ができるカミソリですが、皮膚が薄く、処理頻度が高いワキ毛に使用する際は、他の部位以上に注意が必要です。
上手に使用して、自信を持ってノースリーブが着られる肌を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ