ワキ毛処理をするとニオイがキツくなる?ワキ毛とワキガの関係性

ワキ毛を処理すると、ワキの下に環境の変化が生じますが、ワキの汗やニオイなどに何か影響はないのでしょうか。
特にエステやクリニックの脱毛は、汗腺近くの毛根に刺激を与える脱毛方法ですから、脱毛によってワキ汗・ニオイが変化するのかどうかは気になるところです。
そこで、ワキ毛とニオイの関係について調べてみました。

■ワキ毛処理でワキのニオイは軽減される

ムダ毛やニオイなど様々な悩みの元となるワキですが、ワキのニオイの原因は、ワキの汗に雑菌が繁殖することで発生します。
実は、汗の99%は水分なので、かいたばかりの汗は無臭なのです。
ところが汗をかいたまま放置していると、汗に若干含まれる脂質やタンパク質、皮膚の古い角質などをエサとする雑菌が増えてニオイを発生させるのです。
ニオイの原因となる雑菌は、ワキ毛の根本部分で増殖しやすいので、ワキ毛を処理すると雑菌が減ってニオイは軽くなると考えられています。

■ワキ毛とワキガに直接的な関係は無い

ワキのニオイといえば、ワキガを思い浮かべますが、ワキガは遺伝的なものなので、ワキの脱毛をしたからといって、発症することはほとんどありません。

人の汗はエクリン汗腺およびアポクリン汗腺と呼ばれる皮膚腺から分泌されます。
エクリン汗腺は体中に分布しており、分泌される汗は99%が水分、残りは塩分やアンモニアなどで、ほとんどニオイはありません。
もう一方のアポクリン汗腺はワキの下に多く分布しており、タンパク質や脂質を多く含む粘り気のある汗を出し、皮膚に常在する細菌がこの汗を分解するときにワキガ独特のニオイを発します。

ワキガ体質の人は、生まれつきアポクリン汗腺の数が多く、粒が大きいという傾向がありますが、脱毛などで毛根を破壊しても後天的にワキガになることは考えられません。
逆に、毛根に電流を流して毛根を破壊する針脱毛では、毛根周辺にダメージを与えることで、アポクリン汗線も同時に破壊でき、ワキガの軽減につながる場合もあるそうです。

■まとめ

このように、ワキ毛の処理が原因でワキのニオイがキツくなることはありませんが、もし気になっているのなら、それは汗によるものかもしれません。
ワキ毛がある状態だと、ワキからかいた汗はワキ毛に吸収されたり、ワキ毛の表面にくっついていましたが、ワキ毛が無くなったことで、直接肌から衣服へ伝わるようになります。
すると衣服に多く吸収された汗が原因で雑菌が繁殖し、ニオイが発生していると考えられます。
汗が気になる場合は、汗取りパッドなどを上手に使い、快適に過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ