ソイエの口コミはどうなの?またソイエ以外の人気脱毛器はどれ?

家庭用脱毛器のソイエは、「きれいなおねえさんは、好きですか?」のキャッチフレーズで有名な、パナソニックの美容家電シリーズの一つです。
機種にもよりますが、1万~万円前後で購入でき、カミゾリや毛抜きで処理するより簡単にキレイにムダ毛が取り除けることから、1992年の発売以降、改良を重ねながら様々な機種が発売されてきました。
エステやサロンに通うほどでもないけど、手動の自己処理が面倒に感じたときの強い味方、脱毛器ソイエについて調べてみました。

■ソイエによるムダ毛処理の仕組み

ソイエの脱毛の仕組みは、ムダ毛を挟むツメが自動で回転することで、ヘッドを当てた部分の肌からムダ毛を抜いていくというものです。
ツメがムダ毛を挟むときに皮膚を引っ張らないよう、ガード部分がムダ毛周辺の皮膚をおさえていてくれるので、余計な力がかからず、スッとムダ毛が抜けるのだそうです。

このような脱毛機構なので、脱毛器という名前ですが、脱毛サロンで使われている機器とは仕組みが異なり、永久脱毛ではなく、しばらくするとまた毛は再生されます。
また、生えている毛を抜くので、使用する部分によっては多少痛みを伴います。
現在では、脱毛器のほか、ヘッドを替えればシェーバーや角質ケアにも使えるなど様々なバリエーションがあります。

■ソイエを使ってみた口コミは?

口コミを見ると、毛が抜けるときに痛いという声もありますが、がまんできる程度の痛みで、使い慣れてくると気にならない、それよりも毛抜きで1本ずつ抜くほうが大変だし痛いという感想が見られました。
また、剃った場合に比べてると、毛の断面がチクチクする感じもなく、なめらかな仕上がりになるのも人気の理由のようです。
ただ、脱毛サロンのような、ほぼ永久脱毛と違って何度も処理しなければならなくて面倒だったり、細かい産毛の処理がしにくいといった口コミもありました。

■その他の家庭用脱毛器

ソイエは毛を抜くタイプの脱毛器ですが、家庭用脱毛器には脱毛サロンと同じような仕組みを用いたものもあります。
ネット通販などで一番人気なのはフラッシュ脱毛器のケノンでしょう。
これはムダ毛を抜いたり剃ったりするのではなく、処理部分に専用のジェルを塗り、ムダ毛のメラニンに反応する光を照射することで毛根を弱らせてムダ毛の成長を抑えるというものです。
家庭用ですから、脱毛サロンで使われている機器より出力は低いのですが、原理は同じ仕組みで、毛の再生率も低いことから注目されています。

ただ、価格が7万円以上と家庭用脱毛器としては高額で、カートリッジも別に購入しなければならないなど、脱毛サロンに通うくらいの決心が必要かもしれません。

そこまではちょっと・・・という方には、ソイエと同じくパナソニックから光エステという製品が販売されています。
ケノンほどの威力はなく、機能が「脱毛」ではなく「除毛」ですが、2万円前後で購入できるので、興味のある方は探してみてはいかがでしょう。

■まとめ

ソイエはロングセラー商品だけに、もう何年も使っているという人も多く、1機種でワキにも腕にも使えますが、部位ごとに複数の機種を使い分けているという人もいました。
脱毛サロンに通うほどでもないけど、もう少し楽にムダ毛処理ができればいいなという方に、ソイエは便利に使える脱毛アイテムだと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ